りっけいのゆる旅

自転車や旅をつらつらと

身体が覚醒した?【紀伊半島ライド 4日目】

朝、目が覚めた。

 

う、身体が動かない…。

 

これはまずいぞ…

2,3日目にドM山岳コースを嬉々として走り回ったツケが回ってきた(;´∀︎`)ハハハ

 

この日の走りたかったコースはこんな感じ。

 

 f:id:rikkei:20180202185310p:image

 

尾鷲市を出発して、三重県の絶景がある志摩、鳥羽を経由して、伊勢市まで行きたい(/*´∀︎`)o

 

このルートはパールロードと呼ばれる海沿いを走れるのだ!

 

 

しかし、身体は本調子ではなさそうだ。

 

おそるおそる、身体の調子を確認してみる。

 

太ももが張って熱を持っている…。筋肉が炎症を起こしているのかな(ノ∀︎;`)

背中から首回りも、筋張った感覚で固くなっている。

 

「んんー、これはダメだ。もうツーリング4日目は無しだ。大人しく大阪まで輪行で帰ろう」

と決めた。

 

 

ツーリング中に無理しても意味がない!

前みたいに痛い目にあうだけだ( ・ㅂ・)و 

 

過去にあった痛い目↓

 

 

チェックアウト時間までうだうだ過ごした。

宿のおばちゃんから「もうチェックアウトだけど出れる??」と聞かれるぐらいギリギリまで居座っていた。もう動けなかったんだ。

 

最後に宿の精算をしていると、おばちゃんからオニギリとアメを大量にもらった。

「あんた自転車で来てるんやろ?これ持っていき」

 

びっくりした。

それと同時にすごく嬉しかった。

応援してもらっているなんて。

ありがたいなー(´ω`)

 

 

宿を出て、

「近くの駅まで自転車を漕ぐかー」

と乗り始めたとき……。

 

「あれ?身体がうごくぞ…?なにこれ?」

 

 と、不思議な感覚に陥った。

 

確かに身体は疲れ固まり炎症を起こしている。が、自転車にまたがると痛みはなくなり、身体のフォームが自転車にしっくりくるのだ。

 

 

覚醒……?

 

 

意気揚々と走り出す。気持ちいいいい‹‹(´ω` )/››

 

f:id:rikkei:20180202190943j:image

自転車に乗るために身体が進化したのか。

 

ノンストレスで走れた。

 

ペダルを回そう、ハンドルを切ろうと考えなくても身体が勝手に動くのだ!自動操縦モード(*`∀︎´*)

 

驚いたのはギアチェンジも勝手にやっていたこと。初めは信じられなかったが、ピタッとくるギアを自然に選べている。

 

ただぼくは乗って景色を眺めていたらいい。そんな状態だった。摩訶不思議…。この状態を経験した方っていますかね?

 

 

気分良く走り出したが、

 f:id:rikkei:20180202191016j:image

コースが山。

 

f:id:rikkei:20180202190955j:image

登りマシマシの山。

 

f:id:rikkei:20180202191028j:image

天気もいまいち晴れ渡らず残念(;´∀︎`)

 

 

このまま走っても、またアップダウンコースだろう、ってことでルート変更!

和歌山でアホほどアップダウンはしたので、いい加減に起伏コースに飽きていた。

 

コースは260号線から42号線へ乗り換える。

 

f:id:rikkei:20180202190551p:image

赤線が予定していたルート。青線が新ルート。

 

 この青線の道は一度クロスバイクで走ったことがある。1つ山を越えれば、松坂まで40kmほどゆる〜い下り基調なのだ。ラクができるね!

 

斜度1-2%の下りを30km/hで走る。うん、気持ちいい。

 

途中に面白いものを見つけた。

 

f:id:rikkei:20180202190438j:image

BMXだ〜〜!

 

うひょー!かっこぃいい!

カチャ、シューーー、ズバッ……ダン!

何回も飛んでいる(*ノ・∀︎・)ノ いいね!

 

初めて生で見れた。許可を貰って、写真を撮らせてもらう。あぁ、かっこいい。

 

ロードバイク以外にも自転車競技はいっぱいあるし、BMXバイクにも乗ってみたくなる。趣味が広がりそうで楽しみだ。

 

 

充分に見学させてもらい、お礼を言って、先を目指す。松坂駅がゴールだ。

 

 

そして、ツーリングしていると謎なモノに出会う。

 

f:id:rikkei:20180202192919j:image

 三重県の山の中でなぜ「レストラン名古屋」の看板を…?

 

 

謎なモノのがまたひとつ。奇妙な看板だ。

 

f:id:rikkei:20180202191050j:image 

コケコッコー共和国??

 

これには何か惹かれたので行ってみる。

 

f:id:rikkei:20180202193242j:image

安すぎ問題。

 

コケコッコー共和国は、養鶏場と道の駅が合体しているらしく鶏舎がいっぱいある。道の駅にも卵製品がいっぱい売っている。

 

 

丁度昼時なので、食堂へゴー。

 

めちゃ混みである。みんなぎゅうぎゅうで卵かけご飯を食べたり、鶏肉で焼肉をしている。あぁ、美味しそう。

 

 

まあ仕方ない、日曜の昼だもんね。他に食事を取れそうな施設もないので待つことに。

 

f:id:rikkei:20180202193251j:image

待ち時間はヤギに遊んでもらっていた。

癒される。

 

 そして、ついに食堂内へ。

 

 f:id:rikkei:20180202185102j:image

 卵かけご飯だー!

 

めちゃめちゃ期待して一口目を頬張る!

 

ん?普通の卵かけご飯だ…。

 

食堂の隣は鶏舎があり、鮮度バツグンなんだろうけど違いがあまり分からない( ゚Д゚)

 

 ツーリングの疲れで味覚が落ちているのかもしれない。うん、きっとそうだ。

 

むしろ備え付けの醤油がやたら美味しくて、ご飯お代わりして卵を5つも頂いてしまった。疲れていたのかな。

 

満腹でごちそうさま。

 

 

あとは走るのみ!

昼食後はやっぱり身体が疲れていることを実感してしまう。本当に疲れ切って動けなくなる前にゴールへ行きたい。

 

写真も撮らず寄り道せずまっすぐひた走る。事故にだけは気をつけて集中していく。

 

あとすこし、もうすこし。

 

 

そして…ようやく

 

f:id:rikkei:20180202190601j:image

 ゴーーーール!!

 

紀伊半島を走ったああああ\\٩( 'ω' )و ////

 

f:id:rikkei:20180202190620p:image

距離345km、総タイム73時間。

 

アップダウンまみれのコースをよく走れたと自画自賛した。気持ちいいぐらいに疲れているのだが、嬉しさでいっぱいだった。

 

 

ツイッターでもたくさんの人からいっぱい応援を貰っていた。本当にありがたいし頑張れた。

 

 

 

あぁ、楽しかったなあ…。

 

雪の中ダウンヒルした、寒さに震えながら宿探しをした、寒波の強風に助けてもらった、白浜のお魚がおいしかった、本州最南端からの夕日が特別綺麗だった、超人おじいに出会った、那智勝浦のマグロ丼が大好きになった、熊野の海に見惚れた、夕日に照らされる鬼ヶ城に感動した、生でBMXを見れた、あと卵かけご飯(笑)…

 

 

全部経験できたなんて…贅沢すぎる。

もう求めること何もない。

 

突発的にだけど、ノープランだったけど、和歌山と三重に来てよかった。紀伊半島を走れてよかった。

 

 

そんなことを考えながら、

宿のおばちゃんから貰ったオニギリを味わい、

大阪へ電車で帰った。

 

おわり。