りっけいのゆる旅

自転車や旅をつらつらと

わくわくの出発前(*´Д`*)【紀伊半島ライド 準備編】

今回は和歌山県から三重県にかけて、紀伊半島ライドをするヽ(´▽`)/

 

f:id:rikkei:20180125205603j:image

 

Qなぜ1月の寒い時期にツーリングへ行くのか?
A行きたいから!(脳死)

 

暑くとも寒くとも、行きたい時に行きたい場所へ行く。It's シンプル。自分の欲に従ってしまえばいい。

 

 

しかし、1月の4週目から「記録的な寒波」が日本にやってきたのだ。全国的に雪が降り、東京でも積雪が20cmもあったという。

 

外は冷蔵庫。朝なんて空気さえも凍っているぐらい寒いのだ。

 

寒いのは好きじゃない、けどどこかでツーリングしたい。


凍結がなく比較的あたたかいところ。天気も良く走っていて楽しいところ。

 

選ばれたのは紀伊半島でした。

 


和歌山と言えども、この時期は最高気温3℃、最低気温は-1℃だ(((( ゚Д゚))))

 

十分に暖かい格好をしていくことに決めた。
寒いツーリングは嫌だからね。

 

 

こんな格好で自転車に乗る
f:id:rikkei:20180126222323j:image

 

サイクルジャージ、ネックウォーマー、スウェット×2、メリノウールインナー×2、短パン、タイツ×2、靴下、パールイズミのグローブ(5℃対応)、SPDビィンディングシューズ、パールイズミのシューズカバー(5℃対応)、一眼レフ(たすき掛け)


サドルバッグ
靴下×3、パンツ×3、タオル、充電器、歯ブラシ、財布、SDカードアダプター(SDカード内の写真をiPhoneへ保存させるケーブル)


ツール缶
チューブ、タイヤレバー×2、携帯工具

 

フレームバッグ
自転車カギ、補給食、モバブー

 

その他
輪行袋、ヘルメット、携帯ポンプ、ライト、リアライト

 

ざっと荷物はこんな感じ。

 

f:id:rikkei:20180125205958j:image

 

 

今回は大型サドルバッグではなく、中型のオルトリーブLのサドルバッグを持っていった。大型サドルバッグでは、ダンシングしたときに左右にふれてしまい走りにくいのだ。

 

 

荷物を最低限に留めたから、中型のサドルバッグに入りきったし‹‹ヽ(´ω`  )/››

 

 


さて、紀伊半島とはどんなところなのかを、すこし説明したい。

 

ぼくは1年半前にクロスバイクで紀伊半島を走ったことがある。もうエゲツなかった。

 

f:id:rikkei:20180125210209j:image

 

延々とアップダウンを繰り返している。50mほどの高低差が続くコースをずーーっと走ることになるのだ。平坦なんてあればラッキーなほど。

 

個人的には、乗鞍岳(自転車で行ける日本一の高い山)のヒルクライムよりも体力が必要なコースだと思う。

 

さらに海沿いで風が無茶苦茶に強い区間がある。もう進まなくなる。

 

紀伊半島ライドとは、ドMライドなのだ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

 

(けど景色は最高だから、今回また行くんだ)

 

 


そんな超ヒルクライムコースを走るために、色々と準備はしてある!

 

ヒルクライム飛び道具と言われる‪Dura-Ace‬ホイール9100-c24

f:id:rikkei:20180125210304j:image

 

軽量チューブのパナR'AIR

f:id:rikkei:20180125210422j:image


ギアは11-32Tの乙女ギア

f:id:rikkei:20180125210439j:image

 

50-34のコンパクトクランク

f:id:rikkei:20180125210546j:image



登りに特化したアセンブリにしてある٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

ああ、楽しみだ!紀伊半島!

 

海と山。
山がそのまま海に沈んだような景色。
朝焼けと夕焼け、星空。

 

どれも素晴らしい景観に違いないだろう。

その想像をしているだけでも、ツーリングは楽しいのだ。

 

さて、実走編は次から!

 

つづく