りっけいのゆる旅

自転車や旅をつらつらと

WH-R9100 C24 ‪Dura-Ace‬ホイールインプレ【最高すぎるぞ、これ】

ついにホイール買っちゃったよ…

 

SHIMANO最高峰のDura-Ace‬ホイールを(*´∀︎`*)♪︎

 

f:id:rikkei:20180131192007j:image

 

WH-R9100-C24というローハイトの最新ホイール。

 

Q: なぜ買うことになったのか

A: Wiggle(ウィグル)で年末年始セールをやっていたから(*ノ・∀︎・)ノ

 

 

f:id:rikkei:20180118124012j:image

 

41%OFFって安すぎません?

 

 

もともとはレーゼロが欲しいと思っていて、‪Dura-Ace‬ホイールは選択肢になかった。

けど、今回のセールで41%OFFになっている(゚∀゚︎)

気になって調べてみると、まあスペックが高いこと!!

 

 

ぼくがホイールに求めていたスペックはこんな感じ。

 

・快適性重視(ツーリングで長時間乗りたい)

・素材はアルミ(輪行でガシガシ使いたい)

・ヒルクライムで楽ができたら嬉しい。

・耐久性

 

 

 

いま乗っているMERIDA RIDE400は完成車として、実質8万円ぐらいで買った。

 

ホイール単体を買うことは初めてなので、完成車と同額のホイールを買うなんて、ビビってしまってなかなか買えなかった(;・д・)

 

けど、ほしい…。ハイスペックホイールがほしい…。ううう…うーむ。

 

……気づいたらポチっていたヾ(*'▽︎'*)/

 

 

 

 f:id:rikkei:20180131193532j:image

注文から10日ほどで家に届いた。

 

f:id:rikkei:20180131193721j:image

状態はすごく綺麗…( •̀∀︎•́ )

 

f:id:rikkei:20180131193732j:image

削られたリムと、きしめんスポーク。

 

f:id:rikkei:20180131193747j:image

ハブの美しさにニヤニヤしてしまう。

 

 

f:id:rikkei:20180131193826j:image

付属品も完成度高い。

 

 

実測で重量は、

(リムテープ込み、クイックレバーなし)

フロント631g

リア845g

計1,476g

軽量ホイールだ(´∀`*)

 

公式サイト

WH-R9100-C24-CL-F
WH-R9100-C24-CL-R

 

リムテープ15gほどなので、ほとんど公式サイトの表記重量と違いはない。

 

 

もともと使っていたのは、完成車に付いていたのフルクラムのホイール。

フロント841g

リア1073g

鉄下駄と言われるホイール。

そこから、438gの軽量化に成功!

 

 

 

 

さて、ここから感想を書いていくが、なにしろロードバイク歴半年なので、他のホイールを知らないし、参考になるか分からない。

 

ぼくの感じたことを、「だいたいこんな感じかなー」と読んでもらえたら幸いです。

 

 

f:id:rikkei:20180131194102j:image

 

まず最初乗った時は、タイヤが地面に着いていない感覚になった。

「え、浮いてるんじゃない?」と疑うほど地面との抵抗を感じることがなかった。それほど軽く、力が必要ないのだ。

 

具体的に何が良かったのか述べていこう!

 

 

バイクコントロールが簡単になった。

f:id:rikkei:20180131195803j:image

 

足回りが重いとどうしても細かなコントロールが難しかったりする。小石を避けるだとか、加速減速を調整したりだとか。

 

しかし、ホイールが軽いとハンドリングが軽くなり小石を避けるのに力が要らないのだ。ストレス軽減につながっている。

 

 

また加速が非常に軽い。よく言われるのが「漕ぎ出しが軽くなる」こと。たしかに漕ぎ出しが軽くなって楽チンだ。素晴らしい!

 

さらに走行中の加速がしやすいのには、驚いた。踏めば素直に反応してくれる。スパッと走れるのが気持ちいい。

 

 

減速についても言うことなし。アルミリムなので遠慮なくブレーキングができる。下りでもきっちり制動力を発揮してくれる。リム精度が高そうだ。

 

快適なコントロール性の理由として、ホイール全体の重量バランスが優れているからだと思う。外周部のリムを軽くするだけではなく、スポーク、ハブなど全体をコーディネートして作られていると思う。SHIMANOの技術力の高さがよく分かる。

 

 

 

登りでもスイスイ登れてしまう。

f:id:rikkei:20180131194120j:image

もう登りに関しては、卑怯だと言われても仕方がない。

飛び道具だ。登り最高だ。

 

 

アウターからインナーに入れることが極端に減った。これには色々と理由がある。

 

2枚ぐらいギアを落として、ゆっくり回せばあまり減速せずに登れるのだ。少しの力を入力し続ければきちんと登ってくれる。ムダがない。踏むより回せば楽をさせてくれる。

 

 

あとはダンシングがしやすい。‪Dura-Ace‬ホイールは他のホイールと比べて剛性が低いとよく言われる。

 

しかし、ぼくの脚にはぴったりで、ダンシングするとテンポよく登れてしまう。硬いとチャキチャキ登れるのだろうけど、ある程度の柔らかさがありタンタンタンと踏むと、ホイールのたわみが良いリズムを作り出してくれる。これが楽しいのだ。

 

 

あとハブも登りに貢献してくれると思う。よく回るのはもちろんのこと。カップアンドコーンの方式で作られているため、ホイールが地面に対して斜めになっても抵抗なく回るのだ。ダンシングするときにはホイールは左右に振られる。その時に、ハブ内のベアリングにも抵抗が生まれる。それをなるべく無くすような構造が、作られているのだ。

詳しい話は以下の動画でどうぞ。

Shimano cup & cone bearing system - YouTube

 

 

 

ネガティブポイントを挙げるとすれば、
快適性が低い。

f:id:rikkei:20180131194126j:image

 

これはぼく個人が感じたことなので、他の人なら感じないことかもしれない。

前に使っていたフルクラムホイールが割と柔らかく、長時間乗っても疲れはあまり出なかった。

 

しかしDura-Ace‬ホイールはぼくにとって少し硬いホイールなので、疲れが蓄積し長距離ツーリングでは疲れを生み出すことになった。

 

 

あとはリム幅がc15と細い上に軽量なので、安定性が低いと思う。

 

ぼくは前タイヤ23c、後ろタイヤ25cを履かせているので、タイヤ内体積も少ない。さらに空気圧は7.8-8.0barと高圧にしているので乗り味は硬めになっている。

 

路面が少し荒れているところでは、ホイールが左右に振れやすくバイクコントロールが難しくなる。横風が吹いたときに、足元からフラつくような感覚になる。

 

軽量ナローリムゆえの宿命なのだろう。バイクコントロールが上手くなればきっと気にならなくなると思う。

 

 

あとは、単純にぼくのペダリングが下手なのだ(;´∀︎`;)  高性能ホイールでは、ムダがないため入力に対してそのまま出力させる。ペダリングでムダに踏み込んだりフォームが崩れていると、それもそのまま自分に返ってくるのかもしれない。

 

自分のペダリングやフォームを改善させてくれるホイールとも言える。

 

踏むより回すホイールなのだ。

 

 

 

ざっとインプレはこんな感じ。まだ500kmほどしか乗ってないので、これからどう変わるのか期待している。

ただ‪Dura-Ace‬ホイールはほんとに楽しい‹‹(´ω` )/››

 

 

例えば

ママチャリの楽しさを10としたら、

クロスバイク30

ロードバイク100

‪Dura-Ace‬ホイールのロードバイク150

 

というぐらい楽しいのだ(*ノ・∀︎・)ノ

 

買う前に「後悔するかも…」と思っていたのが、アホらしくなるほど後悔なんてない!

ものすごく楽しい!!買うか迷っている人がいれば、買ってみても良いと思う!大抵の人には合うと思うし、合わなければすぐに売れば高く売れるんじゃないかな。

 

 

まあ、こんなにも良い機材を持ってしまうと、さらにツーリング欲が刺激される。

 

f:id:rikkei:20180131202049j:image

 

また遠くまでいってみよう。

 

 

 

 

追記(2018.3.19)↓

あれから1800kmぐらい乗って、色々と気づいたことがあったので追記しますね(ノ*'ω'*)ノ

 

f:id:rikkei:20180527073631j:image

 

前回インプレを書いてから、ゆるキャノボ540km、七葛(クレイジーヒルクライム)、四国一周と様々なシチュエーションで乗り込んできた。

 

乗れば乗るほど「やっぱり‪Dura-Ace‬ホイール最高じゃないか」と思わされている。何が良かったのか、書いていきますー!

 

 

速度域

もう、すごいの。

30km/hがスイートスポットだと発見できたの(´∀`*)

 

入力に対して一番パフォーマンスが高い速度が30km/h。グイグイ踏んで加速するよりも、くるくる回して加速して30km/hに到達すると急に脚が楽になる。ホイールがバイクを勝手に進めてくれる感覚になる。とても楽チン。

 

そのためには、適度なケイデンスとギア比を覚える必要があるけどね(  ˙༥˙  )  それでもたのしいの。

 

 

そして、40km/hが第二のスイートスポット。30km/hから踏み込んで加速させると、40km/hでまた、楽に走れるようになる。不思議な感覚。ふと簡単に脚が回るようになる。ただぼくの脚じゃ弱すぎて、40km/hは一瞬しか出せない(´;ω;`) 貧弱で申し訳ない。きっとこのホイールには、ポテンシャルがまだまだあるんだろうなあ。

 

スイートスポットがきちんとあるのは、ホイールバランスが非常に優れているからこそ成せる技なのだろう。ほんとに素晴らしい。

 

 

 

ヒルクライム

やっぱり良い( •̀∀︎•́ )✧︎ 今までダンシングを多用してきたが、実はシッティングでもかなり登れることを発見できた。

 

シッティングで意識するのは、「高回転低負荷」。ペダリングが綺麗にできているときには、ちょっとした坂はかるーくスルスル登れる。ホイールが運んでくれるイメージ。

 

アクセントとしてダンシングを織り交ぜると、さらに気持ちよく登れてしまうので、‪Dura-Ace‬ホイールはやはり卑怯だ(゚∀゚︎≡゚︎∀゚︎) ヒルクライム最高。

 

 

快適性

実は疲れないホイールだと気づいた。買って2000kmほど乗ればさすがに慣れてくるんだけどね。踏み込みすぎないこと、回しすぎないことを意識できれば、脚に疲れは残らない。

 

路面の凹凸や加速の踏みをホイールが上手にいなしてくれていると思う。(フレームとの相性によるとは思う。ぼくの乗っているフレームはかなり柔らかいからその効果かも)

 

 

買った当初は足にダメージが残っていたが、「踏むより回す」をずっと意識するようにしていたら、快適性がぐっと上がった。よいよい(*´∀`*)

 

 

 

結果的に、ぼくが必要としていたスペックをすべて満たしてくれているのが、このDura-Ace‬ホイールだった✌︎('ω'✌︎ ) 乗っていて本当に楽しいし、これからも使い続ける予定!

突出した長所がないホイールだが、その反面、突出した短所もない。だが、それでいいのだ。

 

 

唯一のネガ要素は、平坦直線一発勝負には他のホイールに勝てないことぐらい。硬いホイール、ディープリムホイール、ワイドリムホイールほどの速度で走り続けることが難しい。レース向きでないことは確か。

 

しかし、街中を走ったり、ヒルクライムしたり、ロングライドに耐えうるホイールなら、ぼくはそれで十分満足なのだ٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

これからさらに乗り込んでいけば、まだまだ発見がありそうなので、今後も期待できるホイールだ。

 

またいっぱい走ろう。

 

 

 

ってことで、Dura-Ace‬ホイールでいっぱい走ってきた。

興味あればどうぞ(。っ・ω・´)っドゾォ!!

 

ちょっと48時間で540km走ってきた【ゆるキャノボ前編】 - りっけいのゆる旅

 

クレイジーヒルクライム【七葛の本番編】 - りっけいのゆる旅

 

わくわくの1日目!【四国一周①】 - りっけいのゆる旅