りっけいのゆる旅

自転車や旅をつらつらと

WH-R9100 C24 ‪デュラエース ホイールインプレ【最高すぎるぞ、これ】

ついにホイール買っちゃったよ…

 

SHIMANO最高峰のDura-Ace‬ホイールを(*´∀︎`*)♪︎

 

f:id:rikkei:20180131192007j:image

 

WH-R9100-C24というローハイトの最新ホイール。

 

Q: なぜ買うことになったのか

A: Wiggle(ウィグル)で年末年始セールをやっていたから(*ノ・∀︎・)ノ

 

 

f:id:rikkei:20180118124012j:image

 

41%OFFって安すぎません?

  

 

ぼくがホイールに求めていたスペックはこんな感じ。

 

・快適性重視(ツーリングで長時間乗りたい)

・素材はアルミ(輪行でガシガシ使いたい)

・ヒルクライムでラクしたい

・耐久性

 

 

ホイール単体を買うことは初めてなので、ビビってしまってなかなか買えなかった(;・д・)

 

けど、ほしい…。ハイスペックホイールがほしい…。ううう…うーむ。

 

……気づいたらポチっていたヾ(*'▽︎'*)/

 

 

 

 f:id:rikkei:20180131193532j:image

注文から10日ほどで家に届いた。

 

f:id:rikkei:20180131193721j:image

状態はすごく綺麗…( •̀∀︎•́ )

 

f:id:rikkei:20180131193732j:image

削られたリムと、きしめんスポーク。

 

f:id:rikkei:20180131193747j:image

ハブの美しさにニヤニヤしてしまう。

 

 

f:id:rikkei:20180131193826j:image

付属品も完成度高い。

 

 

実測で重量は、

(リムテープ込み、クイックレバーなし)

フロント631g

リア845g

計1,476g

軽量ホイールだ(´∀`*)

 

公式サイト

WH-R9100-C24-CL-F
WH-R9100-C24-CL-R

 

リムテープ15gほどなので、ほとんど公式サイトの表記重量と違いはない。

 

これで438gの軽量化に成功!

 

 

さて、ここから感想を書いていこう!

 

f:id:rikkei:20180131194102j:image

はじめて乗った時は、タイヤが地面に着いていない感覚になった。

 

「え、浮いてるんじゃない?」と疑うほど。地面との抵抗を感じることがなかった。

 

‪Dura-Ace‬ホイールはトータル面で優れている。なんでもこなせてしまうところに魅力がある。

何が良かったのか述べていこう!

 

 

バイクコントロールが簡単

f:id:rikkei:20180131195803j:image

ホイールが軽くなると、ハンドリングも軽くなった。

 

思った通りに曲がれる。小石を避けるのに無駄な力が要らない。これだけでもストレス軽減だ。

 

加速が非常に軽い。「漕ぎ出しが軽くなる」だけじゃなく、 「走行中の加速がしやすい」のには驚いた。踏めば素直に反応してくれる。スパッと走れるのが気持ちいい。加速性ニジュウマル。

 

 

減速についても言うことなし。アルミリムなので遠慮なくブレーキングができる。下りでもきっちり制動力を発揮してくれる。リム精度も高そうだ。

 

快適なコントロールの理由として、ホイールバランスが優れているからだと思う。外周部のリムを軽くするだけではなく、スポーク、ハブなど全体をコーディネートして作られていると思う。SHIMANOの技術力の高さがよく分かる。

 

 

 

登りでもスイスイ登れる

f:id:rikkei:20180131194120j:image

もう登りに関しては、卑怯だと言われても仕方がない。

 

飛び道具だ。登り最高だ。

 

 

2枚ぐらいギアを落として、ゆっくり回せばあまり減速せずに登れるのだ。少しの力を入力し続ければきちんと登ってくれる。ムダがない。踏むより回せば楽をさせてくれる。

 

 

あとはダンシングがしやすい。‪Dura-Ace‬ホイールは他のホイールと比べて剛性が低いとよく言われる。

 

しかしダンシングの時、ぼくの脚にはぴったりで、テンポよく登れてしまう。硬いとチャキチャキ登れるのだろうけど、ある程度の柔らかさがありタンタンタンと踏むと、ホイールのたわみが良いリズムを作り出してくれる。これが楽しいのだ。

 

 

ハブも登りに貢献していると思う。よく回るのは言わずもがな。「カップアンドコーン」と呼ばれる方法で作られているため、どんな状況でも抵抗なく回るのだ。ダンシング時はホイールは左右に振られる。振られるとハブ内のベアリングにも抵抗が生まれる。それをなるべく無くすような構造が、作られているのだ。

詳しい話は以下の動画でどうぞ。

Shimano cup & cone bearing system - YouTube

 

 

 

ネガティブポイントを挙げるとすれば、
快適性が低い

f:id:rikkei:20180131194126j:image

 これはぼく個人が感じたことなので、他の人なら感じないことかもしれない。

以前、使っていたフルクラムホイールが割と柔らかく、疲れはあまり出なかった。

 

しかしDura-Ace‬ホイールは、ぼくにとってほんの少し硬いホイールのようだ。疲れが蓄積し長距離ツーリングでは疲れを生み出す。

 

 

リム幅がc15と細い上に軽量なので、安定性が低いのも影響していると思う。

 

タイヤを前23c、後ろ25cを履かせているので、タイヤ内体積も少ない。さらに空気圧は7.8-8.0barと高圧にしているので乗り味は硬めになっている。

 

路面の荒れ、横風といった外的要因で、足元からフラつくような感覚になる。

軽量ナローリムゆえの宿命なのだろう。

 

バイクコントロールが上手くなればきっと気にならなくなると思う。

 

 

あとは、単純にぼくのペダリングが下手なのだ(;´∀︎`;) 高性能ホイールはロスがない作りだ。ムダに踏み込んだりフォームが崩れていると、ロスがそのまま自分に返ってくる。

 

自分のペダリングを改善させてくれるホイールとも言える。

 

踏むより回すホイールなのだ。

 

 

 

ざっとインプレはこんな感じ。まだ500kmほどしか乗ってないので、これからどう変わるのかな。

ただ‪Dura-Ace‬ホイールはほんとに楽しい‹‹(´ω` )/››

 

 

例えば

ママチャリの楽しさを10としたら、

クロスバイク30

ロードバイク100

‪Dura-Ace‬ホイールのロードバイク150

 

というぐらい楽しいのだ(*ノ・∀︎・)ノ

 

買う前に「後悔するかも…」と思っていたのが、アホらしくなるほど後悔なんてない!

ものすごく楽しい!!買うか迷っている人がいれば、買ってみていいと思う!大抵の人には合うと思うし、合わなければすぐに売れば高く売れるんじゃないかな。

 

 

まあ、こんなにも良い機材を持ってしまうと、さらにツーリング欲が刺激される。

 

f:id:rikkei:20180131202049j:image

 

また遠くまでいってみよう。

 

 

 

 

追記(2018.3.19)

あれから1800kmぐらい乗って、色々と気づいたことがあったので追記しますね(ノ*'ω'*)ノ

 

f:id:rikkei:20180527073631j:image

 

前回インプレを書いてから、ゆるキャノボ540km、七葛(獲得標高5000m)、四国一周と様々なシチュエーションで乗り込んできた。

 

乗れば乗るほど「やっぱり‪Dura-Ace‬ホイール最高じゃないか」と思わされている。何が良かったのか、紹介しますね。

 

 

速度域

30km/hがスイートスポットだと発見できた。

 

くるくる回して加速して30km/hに到達すると急に脚が楽になる。ホイールがバイクを勝手に進めてくれる感覚になる。とても楽チン。

スイートスポットってホントにあるんだ、と驚いた。

 

適切なケイデンスとギア比さえ覚えればスイートスポットに入れる。これが楽しい。

 

 

そして、40km/hが第二のスイートスポット。30km/hから踏み込んで加速させると、40km/hでまた、楽に走れるようになる。不思議な感覚。ふと簡単に脚が回るようになる。ただぼくの脚じゃ弱すぎて、40km/hは一瞬しか出せない(´;ω;`) 貧弱で申し訳ない。きっとこのホイールには、ポテンシャルがまだまだあるんだろうなあと感じさせる。

 

スイートスポットがきちんとあるのは、ホイールバランスが非常に優れているからこそ成せる技なのだろう。ほんとに素晴らしい。

 

 

 

ヒルクライム

やっぱり良いね( •̀∀︎•́ )✧︎ 実はシッティングでもかなり登れることを発見できた。

 

シッティングで意識するのは、「高回転低負荷」。ペダリングが綺麗にできているときには、ちょっとした坂はかるーく登れる。

 

アクセントとしてダンシングを織り交ぜると、さらに気持ちよく登れてしまうので、‪Dura-Ace‬ホイールはやはり卑怯だ(゚∀゚︎≡゚︎∀゚︎) ヒルクライム最高。

 

 

快適性

2000km乗れば慣れてくる。いまや快適に乗れている。踏みすぎない、回しすぎないことを意識できれば、脚に疲れは残らない。

 

凹凸や加速の踏みをホイールが上手にいなしてくれていると思う。(フレームとの相性によると思う。今のフレームはかなり柔らかいからその効果もあるね)

 

 

買った当初は足にダメージが残っていたが、「踏むより回す」をずっと意識するようにしていたら、快適性がぐっと上がった。よいよい(*´∀`*)

 

 

 

結果的に、欲しいスペックをぜんぶ満たしているのが、このDura-Ace‬ホイールだ✌︎('ω'✌︎ ) 乗っていて本当に楽しいし、これからも使い続ける予定。

突出した長所がないホイールだが、その反面、突出した短所もない。だが、それでいいのだ。

 

 

唯一のネガティブ要素は、平坦直線一発勝負には他のホイールに勝てないことぐらい。ディープリム、ワイドリムなどの硬いホイールほどの速度で走り続けることが難しい。レース向きでないことは確か。

 

しかし、ロングライドするぼくには些細なネガ要素だ。これで十分満足だ٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

これからの活躍に期待できるホイール。

またいっぱい走ろう。

 

 

 

Dura-Ace‬ホイールで走ってきたツーリング記事に興味あればドゾォ(。っ・ω・´)っ

↓↓↓

 

ちょっと48時間で540km走ってきた【ゆるキャノボ前編】 - りっけいのゆる旅

 

【獲得標高5000m】クレイジーヒルクライム【七葛の本番編】 - りっけいのゆる旅

 

わくわくの1日目!【四国一周①】 - りっけいのゆる旅